こんにちは。
「Footage訪問看護ステーション 瑞穂店」の仙田です。

私は総合病院の入院病棟やクリニックなどで働き、現在看護師8年目です。
半年前にFootageに入職し、訪問看護師になりました。

今回のコラムでは、実際に働いて感じた ”訪問看護の魅力” についてお伝えしようと思います。

訪問看護の世界に踏み込むまでの訪問看護のイメージは…
”知識がないとできない”
”もう少し経験を積んでからじゃないとなれない職種”
と高いハードルを感じていました。

当コラムを読んでくれている方の中にも
”在宅医療に興味があるけど自信がない”
”訪問看護をやってみたいけど、敷居が高い…”
と思っている方がいるのではないでしょうか。

ただ実際は全く違い、訪問看護には自分のペースで成長する事が出来る環境があります。

今回のコラムで少しでも訪問看護に興味を持ったり
”やってみたいなぁ” と思っていただけると幸いです。

まず訪問看護の仕事を一言でいうと、
”赤ちゃんからご高齢の方まで全ての年代の方を対象とし、住み慣れた自宅で生活を続けていけるように支援すること”
です。

病院と比較した訪問看護の特徴は、主に3つあります。

1.全ての科の利用者様を看ること

科ごとに分かれている病院やクリニックとは違い、訪問看護を利用している利用者様の疾患は様々です。

2.生活環境が多様であること。
自宅の環境・生活リズム・家族構成・家族からの支援の有無・人生の背景など、全てが多様です。
自宅で過ごす為にどういった情報が必要か考え、環境を整えたり家族に支援をお願いしたり。
訪問看護師は利用者様の生活にお邪魔するので、訪問時間や処置内容も利用者様に合うよう可能な限り調整します。

3.一人で判断する場面が多いこと。
病院であればすぐ看護師同士で相談したり先生を呼ぶこともできますが、訪問看護は基本的に1人で訪問します。
何かあれば他のスタッフに電話等で相談することも可能ですが、どうしても電話が繋がらない場面などで不安を感じる事もあると思います。

です。

ここまで読まれた方の中には
訪問看護は ”やっぱり大変そう” や ”責任が重い” と感じる方もいるかもしれません。
しかし訪問看護にはマイナスイメージを上回る ”やりがい” があります。

訪問看護のやりがいを説明させていただく前に
”私がなぜ訪問看護師になったのか” ということについて、少しお話させていただきます。


私は病院に勤務している時に自分が提供している看護に違和感を感じていました。
病院は生活の場では無く治療の場であるため当たり前ですが、点滴・食事・消灯など全ての時間が決まっており、患者様が病院に合わせて入院生活を送ります。
私は患者様の個別性に合わせた看護を提供したいと考えていた為、画一的なサービスを提供することにジレンマを感じてしまう場面もありました。

訪問看護は利用者様の生活をサポートする仕事である為、利用者様の生活に合わせた看護を提供する事が出来ます。
私にとって、利用者様が主役になれる訪問看護はとても魅力的でした。

これが、私が訪問看護師になろうと思った理由です。

ここで訪問看護の魅力を感じていただくために、Aさんの事例についてご紹介します。

Aさんは70代男性で、奥様と息子様の3人で暮らしています。
病院に受診した際には、すでにステージⅣの末期癌で医師には余命3ヶ月を宣告されていました。
Aさんはすぐに入院となり、呼吸を助けるための酸素投与や、食欲不振に対して高カロリー輸液が開始となりました。

動くことも食事も取れなくなってしまったAさんでしたが
本人の強い希望で「残りの3ヶ月の人生は病院ではなく、自宅で過ごしたい」と申し出がありました。
そこで自宅退院となり、私たち訪問看護師が介入することになったケースです。

自宅に戻ったAさんには、ある願いがありました。
それは「庭に咲いている朝顔が観たい」というものでした。

Aさんは入院するまで自宅の庭で朝顔を毎年育てており、今年も楽しみにしていました。
私達は庭先の朝顔を簡単に見に行くことができますが、Aさんには難しい課題がありました。

1点目は「車椅子で移動する必要があること」です。
自室から庭が見えるリビングまで約7mの距離を、酸素チューブや栄養の点滴をつけたまま車椅子で移動する必要がありました。
私達は看護師2名で訪問し、安全確認をしながら慎重に移動することにしました。

2点目は「朝顔が咲いている時間に合わせること」です。
朝顔は日出から約4時間ほどしか咲いていません。
体調が不安定であるAさんにとって、朝顔を観に行けるチャンスは多くありませんでした。
私達はリハビリや入浴などの息が上がりやすい日は避け、Aさんの体調が比較的良い日に合わせてチャレンジすることにしました。

チャレンジできる日数は限られましたが
「なんとしてもAさんの願いを叶えたい」という想いで看護にあたったことで
2回チャレンジした中で2回とも朝顔を観る事ができ、Aさんはとても喜んでくださいました。

朝顔は赤と青の2種類植えてありましたが
Aさんは赤い朝顔を観て「青の朝顔も見たい」とお話しされました。
しかし青の朝顔を観ることは叶わず、赤の朝顔を観た1週間後にご逝去されました。

余命宣告より随分早くご逝去された事もあり、奥様はとても悲しまれました。

奥様のその後の生活が心配だったこともあり
Aさんが亡くなってから2ヶ月後にご挨拶に伺いました。

Aさんがご逝去されてからは、息子様や他のご家族と一緒に、Aさんの思い出を語り合ったそうです。
ご家族で思い出を話している内に、Aさんが家に帰ってきてから自分たちが出来たことを振り返れたことで「Aさんの死を受け入れ前を向くことが出来た」とお話しくださいました。
奥様の表情からは、自宅で最期を看取ることが出来た達成感もあったように感じます。

私たちにも
「自宅に帰って一緒に朝顔を見ることができ、素敵な時間を過ごすことができました。ありがとうございます」
と嬉しい言葉をかけてくださいました。

訪問看護の魅力、いかがでしょうか。
利用者様が自分らしく生きる事が出来るよう、その人の生活の一部となって一緒に考えたり支えたり出来る、素晴らしい仕事です。
こんなに魅力的な仕事、 ”他に無いのでは” とすら思います。

利用者様やご家族の思いに寄り添うことは簡単に出来る事では無く、責任も伴います。
しかし人生を共に歩む事が出来る訪問看護の仕事は、私達へ変え難い程の幸福をくれます。

訪問看護は、書き切れないほど魅力溢れる仕事です。
ハードルが高いから躊躇している方がいるのであれば、大変勿体ないと思ってしまいます。
スタッフ1人1人の強みを生かす事が出来る訪問看護では、あなたの経験・知識・個性が輝きます。

自信を持って訪問看護の世界に飛び込んできてください!
私たち訪問看護師の仲間が1人でも増えていくことを心から願っています。

著者:仙田 りほ(看護師 Footage訪問看護ステーション 瑞穂店)